食育の常識 と健康的な食生活をガイドします。
食育常識ガイドHOME

食育を考える

当サイトでは、食育についての知識と健康的な食生活に役立つ情報を幅広く紹介しています。食品の安全や表示を正しく理解することや、健康に役立つ食品や食材の効能を知ることで、病気を予防することができます。「何を食べているかで人生と生活の質が決まる」と云われます。飽食、過食が当たり前の時代だからこそ、毎日の食の大切さを真剣に考えるべきではないでしょうか。サイトを訪れていただいたあなたの健康づくりに、少しでもお役に立てれば幸いです。

食育を考える


食は「人に良い」

よく言われていることですが、食という字は「人に良い」と書き、食事は「人に良いこと」と読み書きできます。胃袋だけではなく、心も満たしてくれ、感性を豊かにして、味覚を育ててくれるのが食事です。
食の多様化でがんや糖尿病が増え、生活習慣病の低年齢化も深刻な問題です。これらを防ぐためにも、食育の必要性が高まっています。
食歴は人生の質を決める

最近「食歴」という言葉をよく耳にします。生まれてこのかた、毎日の食を大切に考え何をどのように食べてきたかという個人の食の履歴が重要視されるようになってきたということです。
「学歴、職歴より食歴」という価値観が広がってきているようです。どんなに立派な大学を卒業しても、どんなにすばらしいキャリアを積んできても、健康を害してしまえばお終いです。何をどう食べてきたかで、人生と生活の質が決まります。
飽食と過食が当たり前になっているわたしたちは、忙しさにかまけて毎日の食事の大切さを忘れがちです。朝食抜きの不規則な食事で栄養が偏り、肥満や糖尿病、生活習慣病を増やしています。
また、若い世代の過激なダイエット、特に10代の若者のダイエットは身体がぼろぼろになり、取り返しのつかないことになります。そのほかにも、残飯や消費期限切れで処分される大量の無駄、旬をなくした食材など、食の問題を数え上げればきりがありません。
食育はこれら諸問題の解決に役立つばかりか、キレる、むかつくなどの心の問題までにも良い影響を与えてくれます。
自分の健康は自分で守る。今こそ食のありかたを見つめなおし、食育を真剣に考える時ではないでしょうか。
食育を考える
食育とは
食育を考える
食育基本法
栄養成分
食糧自給率
食品の表示
食品の法律
食卓の不安と対策
輸入食品
食中毒
食品添加物
残留農薬
食品の安全チェック
魚介の安全チェック
食肉の安全チェック
青果物の安全チェック
スーパー・コンビニ
食文化
世界の食文化
日本の食文化
郷土料理百選
食育豆知識
おすすめ食材編
メタボリックシンドローム
Copyright(c) 食育常識ガイド All rights reserved