食育の常識 と健康的な食生活をガイドします。
食育常識ガイドHOME

食育とは

当サイトでは、食育についての知識と健康的な食生活に役立つ情報を幅広く紹介しています。食品の安全や表示を正しく理解することや、健康に役立つ食品や食材の効能を知ることで、病気を予防することができます。「何を食べているかで人生と生活の質が決まる」と云われます。飽食、過食が当たり前の時代だからこそ、毎日の食の大切さを真剣に考えるべきではないでしょうか。サイトを訪れていただいたあなたの健康づくりに、少しでもお役に立てれば幸いです。

食育とは


食育とは、食を通して心身を育むことで、食についての知識を習得し、心身によい食を賢く上手に選択する判断力を育てる取組みのことをいいます。
2005年に成立した食育基本法では、「食育を、生きる上での基本であって、知育、徳育及び体育の基礎となるべきものと位置付けるとともに、様々な経験を通じて食に関する知識と食を選択する力を習得し、健全な食生活を実践することができる人間を育てる食育を推進することが求められている」としています。
食育の語源

食育という言葉は明治時代から使われていました。明治後期ごろまで育児には食育・体育・知育・才育・徳育の五育があり、食育は子育て、しつけの基本でした。
1898年(明治31年)版『通俗食物療養法』の著者で陸軍薬剤監だった石塚左玄は「今日、学童をもつ人は、体育も知育も才育もすべて食育にあると認識すべき」と述べています。
また、小説家の村井弦斎は、1903年(明治36年)、報知新聞に連載された人気小説『食道楽』を通じて「小児には徳育よりも、智育よりも、体育よりも食育が先き。体育、徳育の根源も食育にある」と表現しています。
食育を考える
食育とは
食育を考える
食育基本法
栄養成分
食糧自給率
食品の表示
食品の法律
食卓の不安と対策
輸入食品
食中毒
食品添加物
残留農薬
食品の安全チェック
魚介の安全チェック
食肉の安全チェック
青果物の安全チェック
スーパー・コンビニ
食文化
世界の食文化
日本の食文化
郷土料理百選
食育豆知識
おすすめ食材編
Copyright(c) 食育常識ガイド All rights reserved