食育の常識 と健康的な食生活をガイドします。
食育常識ガイドHOME

残留農薬の不安と対策

当サイトでは、食育についての知識と健康的な食生活に役立つ情報を幅広く紹介しています。食品の安全や表示を正しく理解することや、健康に役立つ食品や食材の効能を知ることで、病気を予防することができます。「何を食べているかで人生と生活の質が決まる」と云われます。飽食、過食が当たり前の時代だからこそ、毎日の食の大切さを真剣に考えるべきではないでしょうか。サイトを訪れていただいたあなたの健康づくりに、少しでもお役に立てれば幸いです。

残留農薬の不安と対策



残留農薬の不安

1.使い方と残留量で規制

農薬は、使い方(農林水産省)と残留量(厚生労働省)で規制されています。
使い方の規制は、農薬取締法によって、使用してよい農薬とその使い方が決められていて、農薬残留量の基準は、食品衛生法によって決められています。


2.無登録農薬や残留基準のない農薬は?

登録されていない農薬は使用できませんし、残留基準が定められていない農薬が残留したものは販売できません。


3.残留農薬の検査は?

食品の安全を監視するのは厚生労働省で、食品衛生法に基づいて検査や指導が行われています。そのほか、都道府県や政令指定都市、東京23特別区には、食品衛生を担当する部局と保健所があります。
国は衛生に関しての基本的政策を立て、監視業務は都道府県以下が行います。輸入食品については、空港や港に設けられた検疫所が担当しています。


4.使用実態や残留が分からない
・無登録農薬が使われる。
・地方特産野菜の農薬の使用実態は分からない。
・いつまでも残留する農薬もある。
 

残留農薬の安全対策・チェックポイント
1.野菜や果物は、よく水洗いをする

農薬は、作物の表面に散布するものです。残留農薬が気になるときは、野菜や果物はよく水洗いすることで、かなりの農薬を除くことができます。
農薬は、同じ重量でも表面積の大きいものに特に残留します。例えば、トマトやナスよりも表面に凹凸のあるピーマンに残留します。小松菜やホウレンソウなどの葉野菜は特に残留量が多い傾向にあります。果物では、表面がツルツルのリンゴは残留が少なく、桃やイチゴに多い傾向があります。
残留が多い野菜や果実は特に念人りに洗いましょう。


2.信用できる店から購入する
無登録農薬の使用は、農協などの指導が足りず、注意努力が不足している農家で起こります。農作物を集荷する業者もよく知っていて、きちんとしている農家から集荷します。信用できるお店から購入することがポイントです。


3.色や形にとらわれない

野菜や果物の虫食いがないように、病気にかからないようにと農薬は使われます。選ぶ消費者側も、少しくらい虫が付いていても気にしないようにしたいものです。そういうものを消費者が選択すれば、作る農家側も農薬の使用量を減らしていきます。


4.有機農産物を選ぶ
どうしても農薬が気になるときは、JASで認定している有機農産物や無農薬・減農薬農産物を選ぶとよいでしょう。
ただし、必ずしも残留農薬ゼロではありません。例えば、有機農産物でも、過去2年間農薬を使わなかっただけですから、その前に使用して、土壌に残留していたものは避けられません。
食育を考える
食育とは
食育を考える
食育基本法
栄養成分
食糧自給率
食品の表示
食品の法律
食卓の不安と対策
輸入食品
食中毒
食品添加物
残留農薬
食品の安全チェック
魚介の安全チェック
食肉の安全チェック
青果物の安全チェック
スーパー・コンビニ
食文化
世界の食文化
日本の食文化
郷土料理百選
食育豆知識
おすすめ食材編
メタボリックシンドローム
Copyright(c) 食育常識ガイド All rights reserved