食育の常識 と健康的な食生活をガイドします。
食育常識ガイドHOME

食品添加物の不安と対策

当サイトでは、食育についての知識と健康的な食生活に役立つ情報を幅広く紹介しています。食品の安全や表示を正しく理解することや、健康に役立つ食品や食材の効能を知ることで、病気を予防することができます。「何を食べているかで人生と生活の質が決まる」と云われます。飽食、過食が当たり前の時代だからこそ、毎日の食の大切さを真剣に考えるべきではないでしょうか。サイトを訪れていただいたあなたの健康づくりに、少しでもお役に立てれば幸いです。

食品添加物の不安と対策



食品添加物の不安

1.合成と天然の区別がわかりにくい

食品衛生法の規定で、食品に使用された食品添加物はすべて表示されることになっています。
食品添加物には合成添加物と天然添加物があり、法律の改正で、すべての添加物が表示されるようになりました。そこで、合成添加物が目立たなくなって、その使用が増えているので表示に注意しましょう。


2.日持ち向上添加剤が増加

「保存料不使用」と大きくうたった総菜や弁当を売り物にしているコンビニチェーンがあります。確かにうそではありませんが、保存料に代わって、日持ちを向上させる添加物を使っている場合が多いのです。保存料ゼロといっても添加物ゼロではないということです。


3.一括表示で分からない

食品添加物は例外を除きすべて表示されることになっていますが、すべてが名称で表示されずに、一部は一括して表示されます。例えば、香料は多種類の添加物を少量ずつ混ぜているので、全部表示すると大変なので一括してただ「香料」とだけ表示されます。


4.表示されない添加物もある

食品の製造・加工に使用された添加物はすべて表示されるのが原則ですが、表示が免除されているものがあります。加工助剤、栄養強化の目的で用いられたもの、キャリーオーバーの3種類です。


食品添加物の安全対策・チェックポイント
1.表示をよくチェックしよう

添加物は、原材料の欄にまとめて使用量が多いものから表示されています。添加物は使われる量が少ないので終わりのほうに書かれています。 


2.輸入食品に合成添加物
外国から輸入される食品にも、日本の法律は適用されますから、日本で許可されていない添加物は使用されていません。しかし、輸入食品には合成添加物の使用例が多いようで、輸入業者が日本語に翻訳した表示ラベルが張ってありますので、注意して読みましょう。

食育を考える
食育とは
食育を考える
食育基本法
栄養成分
食糧自給率
食品の表示
食品の法律
食卓の不安と対策
輸入食品
食中毒
食品添加物
残留農薬
食品の安全チェック
魚介の安全チェック
食肉の安全チェック
青果物の安全チェック
スーパー・コンビニ
食文化
世界の食文化
日本の食文化
郷土料理百選
食育豆知識
おすすめ食材編
メタボリックシンドローム
Copyright(c) 食育常識ガイド All rights reserved