食育の常識 と健康的な食生活をガイドします。
食育常識ガイドHOME

世界の食文化

当サイトでは、食育についての知識と健康的な食生活に役立つ情報を幅広く紹介しています。食品の安全や表示を正しく理解することや、健康に役立つ食品や食材の効能を知ることで、病気を予防することができます。「何を食べているかで人生と生活の質が決まる」と云われます。飽食、過食が当たり前の時代だからこそ、毎日の食の大切さを真剣に考えるべきではないでしょうか。サイトを訪れていただいたあなたの健康づくりに、少しでもお役に立てれば幸いです。

世界の食文化

食文化とは、食材や調理方法はもちろん、嗜好と栄養、食器やマナーといったものまで食にまつわるすべての文化を含む人類共通の概念です。
世界の食文化の歴史をみると、そこには民族や国、宗教や風俗の違いで多様化してきたものと、交易や征服支配などを通じて伝搬されたものがあり、それらが時代の変化とともに様々な形に変化してきています。
一方で、グローバリズムの広がりで、世界のどこにいてもハンバーガーやインスタントラーメンが食べられるなど、食文化の均一化も進みつつあるようです。これに対して、地産地消やスローフードなど固有の食文化を大切にしようと、日本などでも郷土料理の見直しが取りざたされるようになってきています。


米食文化と肉食文化
米は、インドアッサムから中国雲南省または中国揚子江下流が起源とされていて、東アジアへ普及していきました。また、麦類や肉・乳は、メソポタミアを起源とし、東はインド西部、西は地中海地域からユーラシア大陸へと広がっていきました。
米食文化は、米が毎年連作が出来ることから、米を主食とし、おかずを副食とする食事体系がアジアを中心に古くから出来上がっていました。 これに対して、ヨーロッパなどでは、麦の連作が出来ず、収量も米に比べると少ないことから、主食となりえず、むしろ、畜産物をおいしく食べるための引き立て役になり、今日に至っています。肉食では、主食、副食という区別がありません。


特徴的な国の料理
世界各国の食文化は、長年、その地でとれた農産物などの食材と、その地域特有の食習慣などが相まって形づくられてきました。
  • フランス・・・フランスパン、フランス料理独特のソース
  • ドイツ・・・ソーセージ
  • イギリス・・・ローストビーフ
  • イタリア・・・パスタ料理
  • アメリカ・・・ベイクド・ビーンズ
  • ロシア・・・黒パン、カーシャ、シチュー、ボルシチ
  • インド・・・カレー
  • 中国・・・上海料理、四川料理、広州料理、北京料理
  • 韓国・・・キムチ
食育を考える
食育とは
食育を考える
食育基本法
栄養成分
食糧自給率
食品の表示
食品の法律
食卓の不安と対策
輸入食品
食中毒
食品添加物
残留農薬
食品の安全チェック
魚介の安全チェック
食肉の安全チェック
青果物の安全チェック
スーパー・コンビニ
食文化
世界の食文化
日本の食文化
郷土料理百選
食育豆知識
おすすめ食材編
メタボリックシンドローム
Copyright(c) 食育常識ガイド All rights reserved